[  HOME ]
■リカンベントって何?■


Challenge社 Hurricane


Lightninig社 P-38

Rans Rocket

BIKE FRIDAY の Sat R Day
■リカンベントってなんですか?

リカンベントというのは自転車の一種です。おおまかな特徴は、
・背もたれ付きのシートに座る。(またがるのではない!)
・主に車体の前方についたクランク・ペダルを漕いで進む。
・車種によってはシート下にハンドルのついた下ハンドルタイプもある。
・車種によっては2輪だけでなく、3輪、4輪のものもある。

・・・などです。
歴史は古いのですが、注目されだしたのはここ数年になってからのようです。日本では自転車好きの間にようやく認知され始めた程度で、一般にはあまり知られていません。

■リカンベントのメリット

・背もたれ付きの幅広シートで、長時間乗っても楽チン。腰や肩、尻が痛くない。
・仰向けに乗るので開放感があり、景色がよく見える。・・・空が広い!

空気抵抗が少ないので、スピードがでる車種もある。レーサーよりの車種では40km/h以上での巡航、最高速度の世界記録は100km/h以上!自転車なのに!
・空気抵抗が低いので向かい風の影響を受けにくい。

・前面衝突しても、野球のスライディングの要領で頭部などへの大けがをしにくい。
・世間やご近所の注目の的(笑)

■リカンベントのデメリット

・"立ち漕ぎ"ができないので、一般的に登りはあまり得意でない。
・数が少ないのでまだまだ高価。入門用で10万〜から。
・国内で入手できる車種が少ない。オイラのHurricaneも個人輸入だ(泣)
・車高が低い車種では、車からの視認性が低い。
・やっぱり世間やご近所の注目の的(笑)
・目立つので、近所のいかがわしいところに行けない。
  ・・・ま、私には関係のないことですが。

■FAQ:リカンベントでよくある質問
町中で話しかけられたりした時に、よく聞かれる質問をまとめました。
●それはナニ?

 リカンベントという種類の自転車です。背もたれ付きのシートに座り、車体の前に付いてるペダルを漕いで走ります。乗車姿勢が楽なのと、空気抵抗が少ないのでスピードを維持しやすいのが特徴です。


●ツラクないですか?

 いや、もう、とっても楽です。背もたれ付きの幅広シートのおかげで、長時間乗ってても快適です。普通の自転車で長時間乗っていると、お尻や肩が痛くなりますがリカンベントではそれがほとんどありません。
 下の写真のようにソファーに座ってる姿を想像してください。背もたれによりかかり、台に足を乗せ、肘掛けにてをかけた姿はまさに下ハンドルのリカンベントに乗った姿そのものです。(ちと大げさか?) そう考えるとすごく楽そうでしょ。



●速いですか?

 一概には言えませんが空気抵抗が少ないの分、普通の自転車より速度を維持しやすいです。ただ、速さを追求した車種もありますが、リカンベントすべてが速いわけではありません。街乗りの速度は、ロードレーサーやMTBなどとそれほど大きくは変わりらないでしょう。でも、平坦路をおなじ30km/hで巡航するならリカンベントの方がずっと楽でしょうね。
 参考までに、私がHurricane(上の写真のリカンベント)に乗った場合、平坦な車道の巡航で30kmちょっと、平坦路での最高速度で40kmちょっと、下りの最高速度はかなりのものです。


●坂は上れますか?

 もちろん普通に上れます。少なくともママチャリよりは上れますよ。ただ、立ちこぎができないのでMTBでもしんどい急な坂はちょっと苦手です。リカンベントの場合、坂を上るときはギアを軽くして足の回転を多くして上るようにします。


●レース用ですか?

 特にレース用という訳ではありません。リカンベントがメジャーな存在の欧米では、主にツーリングに使われているようです。なんと言っても長時間乗ってても楽ですから。欧米ではレースも盛んなようですが、国内では参加できるレースもリカンベントでの出場者もまだまだ少数です。


●公道走れますか?

 法律上は自転車なので全く問題ありません。特に全長190cm以下、全幅60cm以下の物は法規上では「普通自転車」といって、ママチャリなどと同じ扱いです。


●重さはどのくらいですか? (ロードレーサー乗ってる人にたいがい最初に聞かれる(^^;))

 車種にもよりますが、一般に12kg〜16kgくらいです。大きなシートが付いている分、ちょっと重めです。でも中には10kgを切るような物もあります。(もちろん高いんだ
けどさ)


●折り畳みはできますか?

 種類は少ないのですが、折り畳みできる車種もあります。(欧米では「折り畳み」という需要が少ないため、種類が少ないようです。)


Sat R day(サタデー)

M5 CMPCT(エムファイブ コンパクト)


●初めて買うにはどんな物がいいですか?

 乗りやすさと国内での入手しやすさで選ぶといいと思います。以下のような車種がオススメです。


bikeE(バイキー)

Sat R day(サタデー)

Phantom(ファントム)

 乗りやすさで言えばリカンベントと普通の自転車の中間のような下記の車種も良いでしょう。ただし、楽さとか速さはリカンベントより若干劣ります。


tarutaruga(タルタルーガ)

プジョーVelo for city(ベロフォーシティー)


●いくらしますか

 一番安いbieEで10万ちょっと、標準的な物で20〜30万くらいです。同じくらいのグレードのロードレーサーやMTBと同じかちょっと高い程度です。
 ・・・そりゃぁママチャリと比べたらスゲー高いけどさ、MTBにしろロードレーサーにしろ「趣味で」使う自転車は、大体10万前後からですゼ。


●どこで売ってますか?

 国内で取り扱っているお店はまだ少ないです。もしあなたが取扱店を知らないのであれば以下のようなショップをオススメします。

 ・LORO CYCLE WORKS ローロサイクルワークス (京都市)
  http://www.loro.co.jp/

 ・CYCLETECH IKD サイクルテックIKD (群馬県高崎市)
  http://www.ikd21.co.jp/bike/ikd.html

 ・シンプル研究所 (東京都江東区)
  http://www.simple-web.co.jp/

 

●リカンベントについてもっと知りたいんですが。
インターネットで調べると良いでしょう。(雑誌や書籍にはほとんど載ってません)
「リカンベント」で検索をかけるか、私のホームページ(http://yana.pekori.jp/cycle/index.html)をごらんになってください。
メーカーやショップのリンク集があります。



[  HOME ]   
このホームページの内容の無断転載を一切禁じます。
Copyright (c) 2000 utsuki Allrights reserved.